展望

2017シーズン(後)

開幕前日になってしまったが、別の角度からの展望を。齋藤学は最終的に海外移籍せず残留となったが、欧州のクラブにとって日本人選手(というか欧州外の選手全般)は基本的に青田買いの対象で、少なくとも20代前半で欧州に呼んで育てて、より大きなクラブ…

2017シーズン(前)

既にスーパー杯、ACLは始まって、リーグ開幕まであと2日なのでそろそろ今季の展望を。というかマリノスについて所感をば。今日はその前編。 この前の練習試合、更に言うと昨季の終盤からチームは徐々に勝ち切るまではいかないが負けにくいチームになって…

天皇杯について

昨日で天皇杯もベスト8が揃った訳だが、この大会は毎年シーズン最後に行われるので、リーグやルヴァン杯(ナビスコ杯)でタイトルの望みが無くなったチームが最後のチャンスに賭けようとする。トーナメント戦だけに一発勝負、ジャイアントキリングという言…

中堅世代

先週、代表に永木が初招集され、また土曜の埼スタの試合で浦和の武藤やガンバの長沢を観てふと思ったのだが、彼らは皆1988年度生まれなんだな。更に言うとリオ五輪のOAである塩谷と藤春も同学年。今年27〜8歳で若手でもベテランでも無いまさに“中堅…

リオそして東京に向けて

今回のU23代表を評するなら、大会の雰囲気に慣れるのに時間が掛かり過ぎた、これに尽きる。2戦目の後半に藤春がOGした後にようやく吹っ切れたがそれまでの7失点が最後まで重く圧し掛かった。ナイジェリア戦、コロンビア戦のどちらかであと1点取って…

OAも出揃った所で・・・

五輪メンバー予想。OAの顔ぶれはまぁ海外組が呼べなかったんだろうなというのがはっきり分かるとは言え、渋い役者を揃えた印象はある。 ※赤字はオーバーエイジ、BUはバックアップメンバー GK:中村、櫛引 DF:塩谷、藤春、植田、岩波、室屋 MF:遠…

【続】移民とEURO

前回書いた後、このような記事を見つけた。 「もはやアルバニア代表じゃない?フランス化が進むアルバニアの現状」/Qoly ここで言う“フランス化”とはチーム内での移民の子弟の多さを指しているが、これを読んで前回は国内への移民の子弟をチームに取り込んだ…

移民とEURO

そろそろEUROも開幕すると言う事で前回は全試合予想などもしたが(笑)、今回は少し視点を変える。つい15年ほど前まで、欧州で移民や旧植民地出身者をチームに取り込んでいる国はフランスやオランダくらいだったが、この10年でそれ以外の国も育成改革の…

リオ五輪予選プレビュー

いよいよ予選(U23アジア選手権)が近付いてきたが、先日も述べたようにやはり不安が先に来てしまう。それは様々な面から湧いてくるものなのだが、まずは今回のメンバー、及び選考外のメンバーの今季のクラブでの出場状況を下記に記す。 ()内はJ3のU…

国内サッカー雑感(2015/12/7)

■J1 広島は特殊なサッカー、日本に特化したサッカーと言われる事があるが、一方で視ていて欧州のチームのような雰囲気も感じられる。特にサイドアタッカーの単独突破が多い点が。日本ではユース年代含めて全体的にウイングを活用するチームは少ないので必…

J1〜J3雑感(2015/11/23)

一日引き籠ってBS1のJ2福岡戦など視ていた。 ■J1 CSに出る3チームはまぁ納得だな。強いて言えばここに鹿島が加わればもしかしたらそのまま優勝しそうな気もしたが、長いリーグ戦の中盤に勝てない時期が続いて監督が代わったのも事実だし、そこでの…

シルバーコレクタークラブ

先日のナビスコ杯決勝は鹿島が勝って、断トツ6度目の優勝(2位は東京Vの3回)となった訳だが、ふとシルバーコレクタークラブはどこなのだろうと思った。要はタイトルまであと一歩届かないというチーム。思い付くまま挙げると清水、川崎、浦和などだと思…

マリノスについて

J1も中断期間と言う事でマリノスについて少し考察をば。 結論から先に言うが、おそらく今季はピッチ内外における過渡期に当たるのだと思う。更に言えばその過渡期の初期段階に相当するのでは、と。 マリノスのサッカーというのはある意味現代サッカーの潮…

女子W杯決勝直前

正直今回はベスト8に行けば御の字。ベスト4で大成功ぐらいに思っていた。前回と殆どメンバーが変わらずこれ以上の伸びシロは無いと思っていたので。イメージとしては94年アメリカW杯のドイツで、90年W杯優勝メンバーの多くが残り、平均年齢の高いチ…

負傷者復帰後の構成について

前回少し書いたが、中村の復帰が近いと言う事でふと現在の離脱者(他にラフィーニャ、奈良輪、端戸、仲川、北谷)が全員戻ってきたらどのような構成になるのかと思い、考えてみた。 GK:榎本 DF:下平、中澤、栗原、小林 MF:三門、ファビオ、兵藤、中…

2015シーズンについて

もう明後日に開幕なので今季の展望(主にマリノスについて)を。今年の興味はまず新監督がどういったサッカーをするのかという点だったが、先日のPSM松本戦を視た限りは特に変わった事をするタイプではなく、オーソドックスなサッカーをする印象だな。 2…

次代の選手

以前より、日本サッカー界には10年に一度、リーダーであり、かつ時代を切り拓く象徴的な選手が現れるという説を提唱している(下記参照)。中村、小野、香川など他にも選手はいるだろうと突っ込みを受けそうだが、下記の選手達に共通するのは代表で苦しい時…

最終節前展望

■優勝争い 勝点/得失差/総得点/最終節の相手 1G大阪 62 /+28 /59 /徳島(A) 2浦和 62 /+21 /51 /名古屋(H) 3鹿島 60 /+26 /64 /鳥栖(H) 優勝の可能性があるのはこの3チーム。順位と最終節の相手を考えればガンバだが、すんなり行くとは思えない…

チーム別ユース年代最高傑作は誰か(クラブ:西日本編)

ようやく最終回。東海以西のクラブユース編を。【東海】 ■清水ユース(Jユース2、クラブユース1) ☆市川大祐(1980/5/14) 代表:10試合 J1:347試合12ゴール ※次点)枝村匠馬(1986/11/16) J1:238試合36ゴール その他市川と同期の平松康平(J1:…

チーム別ユース年代最高傑作は誰か(クラブ:東日本編)

さて、クラブユース編をば。選出基準は高校と同じだが、クラブユースで留意しなければならないのは、あくまでトップチームへの人材供給を目的としている点にあり、またトップチームのJ2生活が長いために必然的に下部組織出身者でもJ1経験が少なくなり、…

チーム別ユース年代最高傑作は誰か(高校:東海以西編)

今日は東海以西の高校を。さすが東海、九州は名門高が多く、調べるのに睡眠時間を削らざるを得なかった。 【東海】 ■清水桜ケ丘(旧清水商業)(選手権3、総体4、高円宮杯5) ☆川口能活(1975/8/15) 代表:116試合 J1:421試合 デンマーク:8試合 ※次点)…

チーム別ユース年代最高傑作は誰か(高校:東北・関東甲信越編)

先日ユース代表について書いた後色々と逡巡する中で、ふと世代別ではなく、各高校、クラブ単位での最高傑作は誰かだろうか、という考えに行き着いた。各チームが生んだ最高の選手が誰かを調べれば何か見えてくるものもあるのかなと。「最高」の定義は難しい…

世代別代表〜育成

U19代表がアジアユースの準々決勝でPKによって敗退した。これで今年はU16、U21を加えた3世代全てがアジアベスト8止まり。U16とU19については来年の世界大会予選(ベスト4以上で出場)も兼ねていた為、どちらも敗退という結果になった。…

2018年23人枠予想

さて、W杯も終わって新監督も決まり、今月末には新しい代表も発表されるという中で、また4年後のメンバー予想を行ってみたい。 ※過去の予想結果 2010年大会:予想 → 結果(的中率12/23) 2014年大会:予想 → 結果(的中率11/23)2018年ロシア…

独仏・独伯

昨晩は準々決勝2試合を視聴するつもりが、会社の飲み会からの帰宅後に爆睡してしまい、目覚めてTVを付けたら丁度ブラジル×コロンビアでD・ルイスがFKを決める瞬間だった。 特に1時からの独仏戦を視たかったのだが、正直負けもあると思っていた。フラン…

ブラジルW杯展望番外編(スイス)

昨日は夕方の中途半端な時間に寝てしまい、起きたら丁度スイス×エクアドルの後半途中だったので、そのままフランス×ホンジュラスまで視てしまった。時差12時間だけに早起き健康生活と思いきや、欧州時間に合わせると日本時間深夜だから結局夜更かし不健康…

ブラジルW杯展望9(アルゼンチン)

開幕直前にようやく最終回。 1980:カンパニャーロ、デミチェリス 1981:M・ロドリゲス、オリオン 1982:パラシオ 1983:アンドゥハル 1984:バサンタ、マスチェラーノ ――――――――――――↑今年30歳↑―――――――――――― 1985:サバレタ、ラベッシ 1986:ビグリア、E…

ブラジルW杯展望8(オランダ)

最近雨ばかりでまともに洗濯を干せず困る。残り2カ国で、今日はオランダ。 1980:カイト 1981: 1982: 1983:ファン・ペルシ、フンテラール、フェルハーフ、フォルム 1984:ロッベン、スナイデル、デ・ヨング ――――――――――――↑今年30歳↑―――――――――――― 1985:…

ブラジルW杯展望7(スペイン)

気が付けばもう開幕まで3日を切った。ここでようやく前回優勝国を。 1980:シャビ 1981:カシージャス、S・アロンソ、ビジャ 1982:レイナ 1983: 1984:F・トーレス、イニエスタ、カソルラ ―――――――――――――――――――↑今年30歳↑――――――――――――――――――― 1985:フ…

ブラジルW杯展望6(ベルギー)

丁度12年前は日韓大会のロシア戦だった。そしてその5日前、6/4はベルギー戦。何故か日韓大会の日本戦日程は今でも頭に残っている。今日はそのベルギーを。 1978:ヴァン・ブイテン 1979: 1980: 1981: 1982: 1983: 1984: ―――――――――――――――――――↑今年30…