天皇杯準決勝 横浜M×G大阪(国立)

barcaw2008-12-29
 マリノスが自滅した試合だったな。やはり連戦続きのガンバは運動量やパスワークの精度が低く、前半半ば〜後半半ばの時間帯は完全にマリノスが試合を支配していたのだが、その割に決定機は少なく、逆に後半半ばを過ぎる頃にはガンバに付き合うかのように運動量が落ちて後半終了間際などは重苦しい様相だった。まぁ3人目の交代で入った山瀬がいきなり負傷したのは不運だったけども、同じく交代で入って良いプレーを見せていた清水が退場するとか(この点は去年のホーム浦和戦を思い出す。)、勝手に混乱状況を作り出していった印象。一方のガンバは押されていても慌てずにサッカーしていれば必ずチャンスは来る事をチームで共有しているかのように、そのポゼッションサッカーを崩すことは無く、実際にマリノスの運動量が落ち始めた辺りから決定機が増えていった。
 遠藤、二川がピッチ上におらずともユース出身の倉田、寺田が躍動するとか、あるいは彼らを適切なタイミングで途中投入する采配であるとか、クラブとしての総合力の差が明暗を分けたといったら結果論に過ぎるだろうか。


 決勝はガンバ×レイソルねぇ。まさかこのカードの試合を観に行く日が来る事になろうとは(苦笑)どちらもアンブロという点がつい先日アンブロユニを作った者として目を引いた程度なのだが、まぁ結局元旦は朝から国立か。チケ買っちゃったし。去年は寒々しい曇り空だったので快晴祈念。