J1第26節 横浜M×G大阪(日産)

barcaw2011-09-18
 この試合は今季2度目の祭だったが、そのマリノス勝敗との相性の良さと兵藤の先制ゴールで今日は勝点3を取れるかなと。兵藤のゴール――長谷川アーリアの落としをエリアすぐ外からダイレクトボレー――は、そのファンタスティクなプレー以上に、相手ゴール近くにいる事が大きかった。この選手はいつもチームのバランサーに徹して繋ぎのパスばかり出す印象(=相手にとって恐くない)があったのだが、先日のナビスコや今日の試合では前に飛び出してゴールを奪ってる。こういった攻守に隙の無いプレーを当たり前の様に出せれば、もうワンランク高みに達せるし、代表入りも近付くと思うのだが。
 ただ試合自体はガンバのペースだった。前半から完成されたコンビネーションでマリノスの守備を崩してチャンスを作っていたが、後半に二川が交代し、遠藤が少し前目にポジションを上げたらよりその傾向が強まった。左SBは藤春という新人で、今日スタジアムまで一緒に向かった友人の話だと守備の穴になるかもしれないという事だったが、積極的に攻め上がってなかなか良いクロスを上げ続け、同点ゴールのアシストまで。チームとしても、後半半ばにマリノス金根煥を入れた後も、ロングボールに競り負けようと周りの味方がフォローしてこぼれ球を拾い続けて金を孤立させた守備はさすがと言うしか無い。
 このような展開から後半にガンバが同点に追い付き、1−1で試合終了。マリノスが勝点1を取れたのは、何より中澤を中心とした守備陣と飯倉のお陰。最近の飯倉のプレーは、さすが代表の予備登録メンバーに入っただけはある。JFL時代の熊本で1年戦った経験もあるし、次代のリーダー候補の一人かな。おそらく2〜3年後は兵藤キャプテン、飯倉&小椋副キャプテンという体制になっているのではないだろうか。