みなとみらい

 昼からはマリノスのファン感でみなとみらいに向かった。行くのは3年ぶり。選手とのサインor写真コーナーの他、グッズのセール、スーパーサッカーの収録など様々なイベントが開催された中でクラブハウスの1階も公開されてたので入ってみた。トロフィーや優勝記念の写真パネルの他、マン・Cの旗とユニが。

これを見るとシティ・グループの一員なのだという事を実感する。去年の終盤のホーム戦からスタジアムの場内アナウンスで「シティ・グループ・横浜Fマリノス」と言うようになったのだが、あれを聞く度に飛行機に乗った時のお決まり「スターアライアンスメンバー全日空」だとか「ワンワールドメンバー日本航空」が思い出されて笑ってしまう。

外には今年のユニも展示されていた。左からホーム、アウェイ、サード

ホームのデザインは去年より好き。アウェイのゴールドもデザイン自体は良いんだが、通常のアウェイとして着ると浮いてしまうように思う。何かの記念としての限定着用なら分かるんだが。アディダスも今季から新規に仙台が加わったもののFC東京、新潟が他サプライヤーに変更してしまったので、国内クラブではマリノスにより力を入れるようになったという事かな。また展示されていなかったが、個人的にGKユニの方が気に入っていて、もし買うならこっちかなと思ったほど。

 選手のサインor写真は各選手スポンサーブースに交代で登場し、そこに並ぶ形なのだが、やはり主力や新人は人気で1選手あたりの制限時間(40分)内に撮れるか怪しかったので、端戸の列に並んだ。3季前に北九州で主力としてプレーする姿を見ただけに、マリノス復帰以降せいぜい去年の天皇杯決勝位でしか輝いて無くても、どこか気になる選手。いつも思う事だが、プロになる選手は皆やはり普通で無いものを持っているはずで、本人の意識や自覚と同時にチームや指導者との巡り合わせ如何で代表選手にも若くして引退という事態にもなる。この選手はある意味マリノスのサッカーの特殊性の犠牲者とも言えるのだが、今年25歳という年齢的にもマリノスでのラストチャンスと思うし、頑張って欲しい。
 みなとみらいの風景を。

マリノスタウン周辺は公園や海、未開発エリアに囲まれているので、こうした開放的な風景を楽しめる。そんな中でもずっと更地だった海側のエリアはOKストアの本社が建設中で、以前ジャックモールがあった場所にも新しいビルが竣工間近だった。来年の今頃はまた変わっている事だろう。

 その後は浅草まで行って老舗おでん屋で新年会を開催した。大正四年創業の店で、2階の座敷に通されたのだが、何と言うか匂いでその歴史が感じられた。浅草と言うか入谷に近い場所なのだが、付近には歴史の長そうな居酒屋、寿司屋が多かった。