休日の余暇

 つい10日前までは5人に満たず、久々に単独参戦かと思われた恒例のフットサルだが、最終的にはかなり集まってくれた。人数調整で今回は主にロー△ン’sで出たが、結構戦えてたのが嬉しい誤算。ターンオーバーフル稼働で、しかも何人かは試合に飢えてる(笑)ウチのチームと対戦した時に、最初の2試合をdrawに持ち込んだのは我ながら評価したいが、個人的にノーゴールだったのは反省点。
 爆発的な左足を持つ者、渋い脇役に徹する者、オチを付けてくれる者etc皆相変わらず自分の役目を心得たプレーであったが、中でも軽やかなステップで前にスイスイ進む、まるでKAKAの様なドリブルを披露したT内のプレーが印象的であった。このフットサルにチーム参加してから彼此半年が過ぎ、回数も5〜6回になるが、まさかこんなに続くと思わなかった。まぁ3時間も試合してれば多少熱くなる事も無くは無いが(苦笑)、別に空気を壊す程でも無く、毎回良い雰囲気でやれているのは嬉しい。
 10月も半ば(早いな・・・)となって日が暮れるのも早くなってきたが、日曜の夕暮れ時を迎える度に、明日の事が頭を過ぎり、多少切なくなる。が、そんな事も忘れさせてくれるような時間だったと思う。心から楽しめる時間があると、仕事に対しても前向きになれるのが不思議だ。フットサル含め、昨日一日がそう思わせるに十分な時間を過ごせた。


 
 フットサル中の会話で皆が絶賛していたヤマセーのゴールをようやく見れたが、確かにあれは凄い。この選手は時々界王拳でも使ったかのような神懸かったプレーを見せるな。大怪我からよくここまで復活したものだ。けど怪我さえなければ、松井にも匹敵するそのポテンシャルが、今頃ヨーロッパで発揮されてたとしてもおかしくは無かった、なんて思ってしまう。まだ25だし、これからこれから。