J1第13節 川崎×大宮(等々力)

barcaw2008-05-17
 今節のファンサカを編成する時、川崎からはジュニーニョ、谷口を入れ、DF陣からも1人くらい入れようと一瞬思ったのだが止めた。この前日産で観た大宮のサッカー(前半)が良かったので、そこが少し引っ掛かったからだ。


 前半を終えた時点に於いては、この編成を後悔した。明らかに川崎圧勝ペースだったし、伊藤とか川島辺り入れとくべきだったかなー等とGKに結局榎本(達)を入れた自分を悔いた。


 全ては土岐田のオフサイド臭い1点目から始まった。後半はさすがに大宮も修正して盛り返してはいたが、あのゴールで完全に流れを掴み、川崎はチャンスを作れなくなった。まだリードしているのにチーム全体がそれを忘れてしまったかのような試合運びで、焦っているのがこちらに伝わってきた。


 こういう時に大宮の2点目、3点目みたいなゴールが決まるんだよな。得てして。デニス・マルケスのは守備陣も揃ってて、コースも切って取りあえずシュートで終わらせる為に打った様な感じだったが、そこしかないコースを突いて入った。で3点目だが、―――何で前に蹴るんだ?―――あ、川島が前に出てる―――ゴール―――ていう流れ。等々力全体が虚を突かれた。あれは小林(慶)誉めるしかないわ。


 試合後、一緒に観に行った友人との間には凄い試合が観れたという興奮よりも、ある種の重苦しさが支配してた。それは2−0からが最も危ないという法則を地で行く試合、川崎がこれまで逆転勝ちを続けてきた中で、その反動のように逆の立場になったという試合を目の当たりにして、サッカーが時に見せる恐ろしさを実感したからだろう。そして2人とも川崎勝利と踏んでファンサカを編成してたというのも多少あるかもしれない。


 ジュニーニョ、谷口の2人で被害は最小限に食い止められた。