J1第5節 横浜M×神戸(三ッ沢)

barcaw2009-04-11
 神戸はアウェーで守るのか積極的に攻めるのかがはっきりせず、ボールを持ってもサイドの押し上げが遅かったりで、何度もマリノスのプレスにかかっていた。加えて攻守の切換えが遅いから中盤にはスペースがあり、特に山瀬が活きる展開で、1点目は文句無しに今季これまで観戦した中でのベストゴール。試合中友人からメールが来て気付いたが、確かに三ッ沢と相性が良い。ピッチの広さがあのドリブルには丁度良いのだろうか?


 渡邉の2ゴールはどれもストライカーらしい得点だった。他のFWと何が違うのかと考えていたが、それは無駄の無い動きではないかと思う。パスを受けた時点でシュートのイメージが出来ているから、相手に一瞬の間すら与える事なく蹴る事が出来る。勿論、それを可能にする技術とフィジカルも水準以上なのだが、こういう全てを備えた真のストライカーはマリノスで言えば久保と安貞桓以来ではないか。ここまで4得点/5試合と予想以上のペース。気は早いがこのペースで行けば5月の代表合宿に呼ばれるかもしれない。代表監督も今のFW陣はあくまで現実に合わせた構成で、理想はマリノス時代みたく万能FWを柱に据えたいのではないかと思ってるし。


 まぁこれで今季初勝利だが、今日は神戸が悪過ぎた面はある。山瀬の2点目を生んだ榎本(達)の謎の足クリアとか、渡邊の2点目の陰でのオサレディフェンスとか。一昨年にも8−1という試合があったし、去年も6−1があったが、シーズン中は勝てる時期と勝てない時期がはっきり分かれていた。今年もそんな感じだろうという気もするが、良い天気の下、専用スタで良いゴールを観れたからこれ以上望むものはあろうか。


 しかし9日に書いた直後にベイもマリノスも快勝とは(笑)この分だとFCも勝ちそうだ。