J1第15節 横浜M×G大阪(日産)

barcaw2009-06-28
 試合前、woyamaと結果予想をした。俺は2−1でガンバだったんだけど、その心は
・さすがにガンバがこれ以上負ける事はない。
・一方のマリノスはここ最近ナビスコ杯含めて負けておらず前節は浦和にも勝ったが、これまでのパターンだとそれが持続しない。


 前半は前節からの勢いが続いて先制したし、ひょっとしてこのまま勝つのかと思った。が、後半開始早々の3分間で逆転された後は目に見えてその勢いは無くなり、パスミスも増え、どうやって攻めていいのか分からず右往左往する姿ばかり目に付くように。ルーカスのフィニッシュが寒かったからこれ以上失点する事は無かったが、逆転された直後の中盤のスカスカ振りはもう2〜3失点してもおかしく無かった。こういう時に攻撃を操ってチームを落ち着かせられる選手―――それこそ遠藤のような―――という意味では中村を獲る意味はあったのかもしれない。


 まぁ今日はあのミラクルパンチングが強烈過ぎて他のプレーが霞んでしまうんだが(苦笑)、マリノスからしたら1失点目の方が反省点だったと思う。確かに田中を手玉にとってクロスを上げた下平のプレーは素晴らしかったけど、クロスが上がった先、逆サイドにいた遠藤が全くのフリーだったのは千葉戦、ナビスコ大分戦の失点シーンと全く変わらない。つまり未だに修正されていない訳で、今後もこういう早野時代の小宮山の上がった裏を突かれるような構造的な穴がある限り、勝ったり負けたりを繰り返しながら7〜10位辺りに落ち着いてしまうかな。次が大宮というのがまた何とも。


 帰りはスポセンに寄る為中山で降りたのだが、ホームにマリノスユニを着た人が何人もいたのはまぁ当然として、ガンバユニも何人かいたのは意外だった。


【追記】
例の飯倉のプレーだが、てっきりCKを逃れようとパンチングしたのかと思ったが、キャッチングミスだったようだ。そこにしっかり詰めてる橋本の仕事人振りも見事だけど、W榎本に続く裏系譜も継いでしまうとは。