J1第24節 清水×横浜M(日本平)

barcaw2011-08-27
 去年に続き、2年連続の日本平行。去年も同じ8月で異様に暑かった記憶があるが、今日はそれほどでも無く快適な観戦となった。
 試合は0−0ながら、気付いたら90分が過ぎていたような、そんな内容の濃い好試合。ここ数日風邪気味だったが、やはり家に籠ってるより外気を吸って何かしら活動した方が体に良いのか、試合後には体調もかなり快復した。
 前半は清水、後半はマリノス優勢。マリノスはやはり中村欠場で特にセットプレーの精度が下がったのが痛かったかな。清水は組織立ってはいたけど、前の3人の連携が低く、個々に突破を図るのが中心だったので、それなら中澤、栗原を越えられない。高原がいたら少し違っていたかもしれないが。

 清水については地元民gommyの解説を聞きながらの観戦となったが、中でも印象に残った選手を。
・太田
 クロス、パスの正確さ、走りながらスピードを落とさず正確にトラップする技術etc引き出しが多く、ここまでの選手とは思わなかった。跨ぎフェイントまで披露したけど、gommy曰く、3回以上跨いだらファウル貰いに行ってると考えて良いらしい。また槇野を左SBで使う位なら太田を呼べと憤っていたが、その気持ちも分かるプレー水準の高さであった。

・高木
 実際に観るのは初めて。映像だと東京V時代に決めたブレ球FKとかそのイケメン度で、サッカー選手として安定感のある優等生タイプ(例えば長谷部の様な。)かと思っていたが、実際は技術、状況判断等まだまだ向上の余地アリ、というプレー振り。ただ、速くて正確なミドルを枠内に入れる技術は秀逸だった。


 試合中、あのリュングベリが清水入りという情報が入った。ポジションは枝村か高木の位置か。リュングベリ、小野、ヨン・ア・ピンの中盤orリュングベリ、高原、大前の攻撃陣・・・・胸熱。あと1ヶ月早く発表してくれたら今日観れたかもしれないのに(笑)

 そのリュングベリ移籍のニュースをチェックしてたら、あの朴主永アーセナル移籍という情報。これがマジだとしたらついにアーセナルの“終わりの始まり”か・・・。