J1第12節 横浜M×仙台(日産)

barcaw2013-05-18
 今日は相手が仙台故か東ゲートのイベントブースで焼き秋刀魚が配布されていた。料金は寄付で代替という仕組み。去年の秋頃の同じ企画の時は並びに行った直後に無くなってしまったのだが、今日は余裕でゲット出来た。秋刀魚+ビール=秋の夕方というイメージで、5月の昼過ぎに食すのも多少違和感が無いでもなかったが、美味しく頂いた。

 この前の磐田戦でマリノスの得意とする相手、そうでは無い相手のタイプについて書いたが、仙台については後者だった。ナビスコGLの無い仙台が中6日、マリノスは中2日とは言え、ウィルソンがACLの退場が急遽適用されて出場停止、梁勇基も怪我でベンチ外という相手に空中戦や競り合いで劣勢が続き、何度か危ない場面を作られた。去年辺りから感じるが、観ていて関塚時代のフロンタっぽいんだよな。激しい守備、奪ってからの速攻、かと言って縦ポン一辺倒でなく流れるような連携も見せつつ、という内容が。関塚、手倉森両氏とも鹿島の出身だが、確かにあのチームの匂いを感じる。まぁその他柏といいマリノスはこういう激しく来る相手はやはり苦手だな。仙台、柏についてはACLの経験も大きいと思われ、仮にマリノスが来年この大会に出たとしたらその辺キツいと思うが、それはまだ気が早いか。

 マリノスもチャンスが無かった訳では無く、中村のループがポスト直撃⇒至近距離で詰めたマルキーニョスが宇宙開発という絶好機もあった。途中から藤田を入れて2トップにするのは、最初から使うにはバランスが悪いが、オプションとしては使える。前の配置が変わって相手のマークが混乱してフリーでボールを持ち、チャンスを生み出すシーンがここまで何度かある。

 そんなこんなで中断まで残り2試合か。ナビ清水、リーグ鳥栖のアウェイ連戦だが、相手の状況を観る限り2連勝、少なくとも1勝1分で乗り切りたい所。