J1第21節 FC東京×横浜M(味スタ)

barcaw2013-08-17
 勝敗を分けたのは月並みだが経験の差になるだろうか。FC東京はよく組織立っていてワンタッチ、ダイレクトでボールを繋ぎながらの攻めは観てて面白いのだが、最後の詰めが甘くて決定機自体はそれ程作れず。逆にマリノスは相手陣内で上手いパス回しを見せるシーンはあまり無く、どちらかというと各個人の技術で沸かせるシーンの方が多かったのだが、数少ないチャンスをゴールに繋げる効率の良さがあった。FC東京の渡邉、東、長谷川アーリアも上手いんだが、相手として怖いのはやっぱベテランのルーカスという。最初は右ハーフでドゥトラの攻め上がりを抑えつつ時間が経つと中央、左にも顔を出して来たのだが、相手の嫌なポイントを突くプレーを観るに、このような選手が東京にあと1人いたら勝敗は分からなかったと思う。若い選手というとマリノスの端戸もノーインパクトで途中交代したが、これも経験の違いと言う事になるのだろうか。

 終了間際の中村のゴールは丁度2階ゴール裏から観ていたので様子がよく分かったのだが、何度か切り返してる間も、最後は左で打つんだろうなと思っていた。この選手は他のレフティに比べて右足のキック力があるので、右でシュートする場合もあるのだが、ここぞという時や今回の様に長くボールを持つ時はシュートでもクロスでも大概左で蹴る。右で蹴ろうとした動作にDFが体を投げ出してブロックした時点で勝負あり、だったな。月間ベストゴール候補なのは間違いない。まぁ実際は前節のマルキーニョスのオーバーヘッドが受賞するだろうけど。

 今日は多摩川と神宮で花火大会という事で帰りは南武線経由で帰ったが、時間が遅かったのもあって特にラッシュに巻き込まれる事無く無事帰宅。ハーフタイムにはコンコースから遠方の花火が見えたのだが、おそらく多摩川のだと思う。