ゼロックススーパー杯 柏×FC東京(国立)

barcaw2012-03-03
 この試合は結果そのものよりも、東京が新監督の下でどのようなサッカーになるのかが興味深かった。カウンター主体のチームが繋ぐサッカーを意識する時は、得てして繋ぐ事が目的化して方向性を見失うパターンが多いけど、今日の東京は長短のパスを使い分けてその辺のバランスが良かった。特に石川はキレキレで、ゴールライン際でのヒールを使ったオサレプレーとかでも楽しませてくれたけど、相手ゴール前に詰めている味方が少なかったが故に、それが試合結果に現れてしまったように思う。1トップのルーカスは当然ながら、その周りで動くことを要求されているはずの長谷川アーリアはもっとゴールエリア内に侵入してないといけなかったんだが、得点シーンを除いてそういう場面はあまりなかった。今日の布陣が今季の基本とすれば、得点力不足に苦しむ予感が。
 ↑のように前半は柏が東京の攻勢を凌ぐのに精一杯という感じではあったが、J・ワグネルのスーパーミドルで先制した後は落ち着いて去年の水準を取り戻し、後半などはまさにレドミの独り舞台。ボールを持つ度に何かしら観客の予想を(良い意味で)裏切るプレーを見せてくれた。
 
 いよいよ開幕という事で来週は例によって展望&全順位予想をば。