コロンビア戦

・今大会は全体的に試合のテンポが早くて、狭い時間、空間で正確にボールを前に運ぶ技術とか攻守の切り替えの意識、ダイナミズムが益々重要になるなと思っていた中で、今日の日本は早々に相手が退場した故もあるが、ボールを前に運ぶのがスムースで、特に左サイドの長友、乾の連携はゴールに近付くプレーが多かった。前半は徐々に押し込まれたけど、時間が経つ毎に相手が消耗して前に出てこれなくなった。

・大迫は前で身体を張ってボールキープして守備にも奔走して点まで決めるんだから文句なしのMOM。運動量だけでなくぶつかり合いでも相当消耗しているだろうから3戦目で上手く休める(出場時間を限定できる)展開になれば良いのだが。

・実は今大会対戦する大陸の順番は西野氏が監督だったアトランタ五輪と同じ。南米→アフリカ→欧州の順で、この順番は過去の五輪、W杯でアトランタと今回だけ。
 22年前は

ブラジル○→ナイジェリア●→ハンガリー

 で2勝もしたのに得失差で決勝T進出を逃したのだが、今回も緒戦南米勢に勝ったところまでは同じ。そして今ポーランド×セネガルを見ながら書いてるのだが、アフリカ勢がかなりのレベルにあるのも似ている。ついでに言えば3戦目の欧州勢はハンガリーポーランドとどちらも旧共産圏の国だな(笑)単なる偶然とも言えるが、ドイツW杯とブラジルW杯の日本の結果が下記のように符合したり、不思議な因縁もあったりするので、少し気になった。

ドイツW杯&ブラジルW杯
緒戦逆転負け→2戦目欧州勢に△0-0→3戦目南米勢に●1-4

丁度今セネガルが2-1で勝った。22年前もナイジェリアは緒戦ハンガリーに勝っている。だからという訳では無いがやはり次が重要だな。ここで勝点1以上取れれば。アトランタの時は残り10分を切ってから先制されて、終了間際にセルフジャッジでエリア内でハンドしてPK失点という消化不良感のある試合だったので、上手く粘って欲しい。

・今日の試合に限らず、緒戦の重要性を改めて感じる。日本は良い意味で事前の評判を覆したが、コロンビアは早々の退場は想定外だっただろうが、それ以降交代策もハマらず、とてもペケルマンが長年指導して綿密に準備してきたチームには見えなかった。全てが終わった後に何が正しかったか分かる難しさ。だからといって直前に監督を代えても良いとは決して思わないが、人事を尽くして天命を待つ、の天命の大きさもまた感じてしまう。まぁ何れにせよW杯で勝ったのは8年前のデンマーク戦以来か。それだけに1勝の重みというか勝った後の開放感もまた格別だな。

根津界隈を散策

 また近場で行った事の無い場所をブラブラ散策したくなり、今回は根津へ。丁度去年の今頃も清澄・門前仲町に行ったが、今の時期は年度初めから途中GWを挟みつつ色々バタバタしてたのが一息付く時期で、気分転換にどこか行きたくなるんだろうな。加えて今年はJ1が中断しているのも大きい。(今日はルヴァンのプレーオフだが、マリノスはアウェイ神戸)。特に今季は4月以降ホームが毎週のように続いた(つまり毎週末の予定が観戦で埋まった)中で予定が空いたので、こういう機会は逃したくない。

 根津に決めたのは、どこに行こうかと都内のマップを見ていたら偶々目に入っただけなのだが、根津駅で降りて向かうと、さすが文京区と言うべきか街並みは全体的に落ち着いた雰囲気。神社は幹線道路から路地を入った先にあり、思ったより広々としていた。

 1900年前に日本武尊が創祀したとのことだが、それは半ば伝説としても、浅草の浅草寺といい東京の寺社は意外と歴史が長い。少なくとも徳川家康が来る前は草っ原と湿地が広がる平原だったろうから、当時は寂れた土地に建つ小規模な社だったのが、街の発展、人口の増加と共に立派になっていったのだろう。
 境内には稲荷神社もあって伏見稲荷のような千本鳥居も。

またここはつつじでも有名なのだが、時期は過ぎていてご覧の通り。

 参拝客はそこそこいて、外国人観光客もいた。これだけインバウンドの観光客が増えると、浅草寺とか超メジャーな場所ばかりでなく、特に山手線の内側は、あらゆる名所に人が来る状況なのだろう。

 昼は近くにある店で親子丼を食し、帰りは例によって来た道を戻らずに、バスで御徒町に行き(10分ほどで着く)、アメ横で買い物して帰宅。暑かったがいい散歩だった。

スイス戦

 午前2時開始なので録画して朝視ようかとも思ったが、結局生で視てしまった。以下箇条書きに。

・結果だけを見るならば8年前の例(イングランドコートジボワールに連敗して本大会へ)もある訳だが、当時と比較して守備が未整備なのは気になる。CB陣とGKの連携もそうだし、サイドの守備もそう。PKを取られた場面は高徳があっさりかわされてスピードに乗った状態でエリア内に侵入された時点で勝負あった。この選手はロンドン五輪の頃からどうも代表ではプレーが全体的に軽いんだよなぁ。クラブでSBから中盤に移って新境地開拓という触れ込みの中で、代表でも中盤でスタメン出場したら散々な出来だったという試合もあったが、クラブと代表で求められているプレー(評価されるプレー)が全く違う点に未だ苦しんでいる印象。

・本田のプレーを見ていて思うのは、未だ全盛期の感覚でプレーしているのではないかという事。ピーク時は独りで突破してチャンスメイクしてゴールも決める、文字通りチームの浮沈を左右する存在だったが、現在は昔なら抜けた場面で相手DFの足が掛かったり、シュート精度、威力が落ちている状態。年齢と共に周りを使う術を覚えていたらまだまだ代表でも活躍出来るとは思うが、残念ながら今も当時の感覚のままプレーしているので、チームの結果も悪い意味でそれに比例している。
 周りを使えれば、と書いたが、おそらく本人の性格的に難しいとは思う。ブラジル大会の直前だったか、中田ヒデが「(本田は)自分で背負い込み過ぎるところがある」というような事を話していたが、この人は信じるのは己のみというか、何か問題が起こっても他者のせいになどしない反面、最終的には全てを独りで解決しようとするタイプなのだろうと思う。それは独善、我が儘とも違う独特の価値観。まぁ変わった人ではあるな。中田の本田評は当時はあまりピンと来なかったのだが、今になって実感している。この2人の接点は確か一度対談しただけだと思うが、そこで見抜いたのはさすがだ。

・という訳でこのまま本田をこれまでと同じ使い方をしても8年前、4年前を上回るのは難しいので、何かしらのテコ入れは必要。4バックならトップ下を置かず

MF:山口、長谷部、大島(柴崎)
FW:原口、大迫、乾(宇佐美)

あるいは2トップにして

MF:山口、長谷部、大島(柴崎)、原口(乾)
FW:大迫、岡崎(宇佐美)

とか。思えば8年前も直前に構成が変わって、同時に中村俊輔⇒本田という中心軸の交代もあったが、今回もそうなるのではないかなと。いやそうあらねば。可能性があるとすれば大島or柴崎、あるいはこの2人が仕切るチームになるかもしれない。

ルヴァン杯プレーオフ 横浜M×神戸(三ツ沢)


 今日は時期的に雨が心配だったがいい観戦日和だった。年チケ対象外の試合なので久々にメイン上段のチケを買ったが、やはりピッチを俯瞰出来てみなとみらいまで見渡せるこの席はいいな。今日は横浜の開港記念日でもあったので、もし19時開始なら花火を見ながら観戦だったなと思いつつ試合開始。
 神戸とは4月のリーグ戦以来だが、あの時はお互いグダグダというかチームの体を成してなかったのに対して、今日はより洗練されたサッカーを観る事が出来た。マリノスは長崎戦で見せたように徐々に攻守のバランスを見出しつつあるようで、飯倉は前目のポジションではあるものの、相手にがら空きのゴールを狙われるシーンはそれほど無かった(正確には前後半に一度づつそういうシーンがあったが、近くの味方が寄せてシュートさせなかったりコントロールさせなかったりした)。序盤にFKからウェリントンに頭で決められたが、山中の左サイドからの縦パスにオフサイドラインギリギリで抜け出した大津が決めて同点、そしてそこから10分もしないうちに仲川が右から持ち込んで逆転。
 後半はまた序盤にCKから渡邉千真が頭で合わせて2-2。今日の神戸は繋いで崩そうという意図はあったが、マリノスにとって実際に脅威だったのはセットプレーだったりシンプルにロングボールやクロスを上げてきた場面だった。特にウェリントンは空中戦で中澤を相手にしてもほぼ勝っていて守る方からしたら嫌な存在だったのだが、神戸としてはそういったサッカーよりもよりテクニカルにパスを繋ぐサッカーを志向しているようだった。試合前の練習で、約15m四方のスペースの中で5対5に1人加えた計11人でパスゲームの練習をしていたのが印象に残っている。まぁ全てはイニエスタが加わる前の下準備だとは思うが。
 神戸に追い付かれた直後の時間帯は左のブマルと山中の距離が空きすぎて、そのスペースを神戸に突かれて何度かマリノスゴール近くまでボールを運ばれたのだが、すぐさまブマル⇒ユン・イルロクの交代で修正したポステコグルーはさすがだった。後半半ばに仲川が深く切り込んで中央へグラウンダーのパス、これを天野が合わせて3-2、そして途中出場のウーゴがカウンターから2人かわして決めて4-2。特に4点目は1人で2人抜いてのゴールだっただけに素晴らしかったが、そうなったのも前半からパスで相手を走らせて消耗させた部分はあったかな。今日の神戸のCBは北本&渡部で、特に北本にとってはスピードだけなく左右の揺さぶりもあって対応は難しかったと思う。今日はベンチだった神戸の那須もそうだが、同年代の選手はついチームや勝敗を越えた視点で観てしまう。
 そうそう神戸のGKは前川だった。父は元日本代表前川和也氏。長身で少し猫背気味な立ち姿はそっくりだった。(失礼ながら)和也氏はあまりキックが上手くなく、94年頃の代表戦でフィールドプレーヤーゴールキックを蹴って貰ってたのは覚えているのだが、そこはさすが現代のGKというべきか今日は無難なプレーだった。

 試合はこのまま4-2でマリノス勝利。1点差なら第2戦は危うかったかなと思うが2点差を付ける事が出来た。次戦アウェイで1点取れば神戸は3点が必要になるのでこれは大きい。試合後は例によって横浜駅まで歩いたのだが、途中祭り囃子が聞こえてきたので開港記念日だからかと思っていたら、坂を下った浅間下にある神社のお祭りだった。土曜の良いお日頃で祭り囃子を聴きながら帰路に就くというのも良い気分。

メンバー予想答え合わせ+選考雑感

 一昨日最終予想を書いたが、ここでは4年越しの答え合わせを。
【参考】過去の予想&結果
2010年大会:予想 → 結果(的中率12/23)
2014年大会:予想 → 結果(的中率11/23)

4年前の予想
太字が予想的中したメンバー

GK:西川、権田、林(彰)
DF:内田、長友吉田酒井(高)酒井(宏)
   森重、塩谷、植田
MF:本田香川山口、齋藤、宇佐美
   柴崎、米本、野津田、南野
FW:岡崎大迫、久保

的中12名
まず、GKを3人とも予想外したのは我ながら酷いな(苦笑)4年前は順当に西川が正GKに昇格すると思っていたのがまさかの結果に。今回も正GKであろう川島は南ア大会で試合出場の可能性はほぼ無いベテラン枠として入った川口よりも年齢は上(35歳)。その他齋藤学か原口かで迷った末の齋藤だったり、4年後メンバー入りの可能性のある若手として大島、武藤の名を挙げていたり惜しいところもあるのだが、最終的には過去と同じく的中率は5割に収斂してしまった。

 改めて今回の選考そのものについて。何というか、監督の色では無く協会の色が出た、いや色というより無味無臭感のある選考だった。過去の所謂「サプライズ枠(選考)」というやつは監督からしたらサプライズでも何でも無くて、対戦相手の分析やチーム構成など考慮した上で必要と判断されただけだと思うのだが(98年のカズ、北澤は監督が城をFWの軸にして、3バックで戦うと決めた故の構想外だったし、02年の中山、秋田、10年の川口はベテランとしてのチームのまとめ役、06年の巻は久保が負傷でエントリーが厳しい中で高さや身体を張れるFW、14年の大久保は得点力という監督の意図があった)、今回相手云々よりも自分達のやりたいサッカーに忠実に選んだ感じ。まぁガーナ戦の選考である程度予想は付いていたが・・・。これで最年少96年生まれの井手口、三竿のどちらかを選んでくれたら将来への布石にもなったが2人とも落選してしまった。

 まぁ協会がどういうサッカーをしたいのかがよく分かるメンバーではあるな。パスを繋いでボールを支配し、相手を押し込んで綺麗な形で崩すサッカー。協会の教本にそのまま載るようなサッカーとでも言うか。逆に守って少ないチャンスをカウンターで仕留めるとか対戦相手によって臨機応変に布陣を変えて対応するようなサッカーは邪道とすら思われている節がある。そう言えば西野氏は、攻撃的なサッカーを志向する理由として、アトランタ五輪は現有戦力の中で最大限の結果を出したつもりだったのに、協会に守備的過ぎると全く評価されなかった事への反発、てな事をガンバ時代にインタビューで語っていたが、その人が今回の監督というのも何かの因縁というか皮肉というか。またハリル解任の背景にも様々な憶測があるが、こうしたサッカー観の違いというのは根本的にあったんだろうな。
 そんな感じだから、南ア大会の結果も協会としてはそこまで評価は高くなかったんだろうだろうし、リオ五輪予選で優勝した時の協会幹部(誰だったか失念)の「監督の手腕が光った」というコメントも当時少し引っ掛かったのだが、それは(カウンター中心の)サッカーそのものはそれほど評価していない事の裏返しだったか。またパスサッカー信奉者の吉武氏がU17世代では異例の3世代連続の監督になったのも頷ける。

 今更選考をどうこう言ったって変わる訳ではないのでこのメンバーで行くしかないのだが、数少ない希望を見出すとすれば、前回書いたように、コーチの森保&手倉森両名だな。“楽しいが勝てない”ミシャサッカーの守備を修正してタイトルを取った森保氏、仙台で戦力値以上の結果を残し、上で述べたように決して他国を上回っていたとは言えない戦力でリオ五輪予選で優勝した手倉森氏、この2人が実質的な共同監督レベルの影響力を出せるならばまだ望みはある。まぁ実際に影響力があるなら選考にもある程度反映されるとも言えるし、特にザック時代からのベテランを抑えられるかという懸念もあるが(苦笑)、この2人のコーチこそ頼みの綱。

ガーナ戦&メンバー予想(最終)

観に行った06年のスコットランド戦10年の韓国戦がそうだったせいか、W杯前の国内壮行試合はよく雨が降る印象がある。

 展開としては南ア大会前の日韓戦に近かった。序盤に先制され、後半攻め込むも決めきれないうちにPKで追加点を奪われるという点で。試合後の重苦しい様も似ているな。8年前はその後もイングランドコートジボワールと連敗したまま本大会に突入したのだが結果はご覧の通り。何が起こったかというと
・レギュラー、布陣の変更
GKが楢﨑→川島、SBが内田→今野or駒野、中盤では中村俊輔がレギュラーから外れて阿部、長谷部、遠藤の構成、CFは岡崎→本田と守備にシフト
・南アに入る前のスイス合宿
大会後のインタビューや記事を読むとこれがかなり良かったらしい。スイスは高地で、南アと時差もないので理想的だったと。
・ベースキャンプの環境
南アのジョージを拠点にしたが、気候も良く、ゴルフや釣りなど気分転換も出来る場所だったらしい。逆にブラジル大会のベースキャンプは試合会場と気候が違って肌寒かった為にコンディションを崩す選手が続出し、また試合会場との移動距離も長かった。

 そう考えると今回スイス経由で現地入りするのは8年前の成功例、またベースキャンプの場所(カザン)が試合会場3都市の間にある点も前回の反省を踏まえたのかと思う。メンバー構成についてもおそらく何かしらの手が入りそうだが、8年前を参考にするならば、右サイド原口→酒井宏樹、2列目をカウンターに特化という事でドリブルでボールを運べる乾がレギュラーになる可能性はある。本当はこの場所に中島翔哉を置きたかったが・・・。カウンターなら浅野のスピードもハマるが、ガーナ戦で出番が無かったのを見るとエントリーは厳しいか。
 中盤ではいつも代表では負傷で早々に交代したりしていた大島が初めて普段のプレーを代表で見せたのは収穫だったかな。遠藤以来パスでリズムを変えられる選手はいなかっただけに貴重な存在。後半柴崎と交代と思いきや90分プレーしたのでおそらくこのまま本大会にもエントリーするはず。
 後半は攻め込みながらそれほどチャンスが無かったが、これも8年前とそう変わらないし、当時何が起こったのかを考えるとこの試合だけの観点と本大会を見据えた観点とではまた違ってくるのも事実。まぁ全てはコロンビア戦までの約20日間で決まる。1点言うならば、8年前は岡田氏がチームの全てを掌握して大熊、大木両コーチは文字通りのアシスタントだったと思うが、今回の西野氏は戦術面は森保、手倉森両コーチに任せて、チーム内のマネジメントの部分や対外的な顔としての役割をこなすべきだと思う。ガンバ時代みたくスーツでどっしり構えてれば黙っていても絵になる人だと思うのだが、元々雄弁では無い人とは言え今日みたくジャージ姿でボソボソ喋るインタビューは良くない。やはり2年以上現場の指導を離れているだけに求められるのは失礼だけど「神輿」としての役割で、実際の戦術面は直近までJクラブで指導していたり、五輪やW杯予選を経験している森保氏、手倉森氏の力が生命線。

 と色々思いつつ23人枠を最終予想。

GK :1川島、23中村、12東口
DF :17長谷部、22吉田、20槇野、6遠藤、3昌子
サイド:5長友、19酒井宏、8原口、21酒井高
MF :16山口、18大島、7柴崎、2井手口
2列目:14乾、11宇佐美、4本田、10香川
FW :15大迫、13武藤、9久保

DFは植田が入るかと思っていたが、3バックの中央、4バックの右もこなして中盤も出来る(要は長谷部の代わりが出来る)遠藤かなと。FWはガーナ戦で岡崎を途中で入れて2トップを試したってことは普通は浅野ではなく岡崎をエントリーだとは思うのだが、最後にサプライズ枠ということで敢えて久保を入れてみた。2列目も出来る器用さとシュートの上手さという点も考慮して。

J1第15節 横浜M×長崎(日産)


 中断前最後のリーグ戦で、4/8から続いた毎週のホーム戦もこれで一区切り。今日は長崎の高田社長が来ているということだったが会えず。思えばトランスコスモススタジアムに行ったのは丁度1年前、去年の5月だった。経営陣が変わってから初めての試合で、高田氏が試合前に挨拶したのは覚えているが、あの時はまさかJ1に昇格(それも2位の自動昇格)するとは思わず。だからこそ旅行で寄ったのだが、あれから1年で昇格、J1経験豊富な地元国見OBのベテランの補強、長崎駅近くでの新スタジアム計画と強化、運営両面でスピード感を保ちながら適切な判断を下している印象が有る。
 そう言えば長崎は初の日産スタジアムでもあったかな。コンコースには過去このスタジアムで決まったマリノスフリューゲルス横浜FC、代表の全ゴールが掲示されているが、このスタジアムで試合をしたチームの記録もあれば面白いと思った。日韓W杯、クラブW杯、Jリーグ、ACL等々国内外のクラブ、代表チームがここを訪れているので、その一覧が分かるレリーフなり、モニュメントなりがあれば箔が付くというもの。ドイツ、ブラジル、バルサ、R・マドリー、マン・U、リバプールチェルシーミラン、ボカ、リーベルコリンチャンスetcこれだけのチームが公式戦を戦ったスタジアムも世界にそうないはずだし。

 で、試合について。マリノスはCFに大津で両サイドは遠藤、仲川という構成だったが、ここからこの試合の位置づけが何となく見えてきたようにも。勿論負けて良いはずは無いが、今日の試合で確実に勝点3を獲るには少なくともウーゴか伊藤翔がスタメンだと思うが、ウーゴがベンチ、伊藤翔ベンチ外、大津がスタメンてのはそういう事かと。結果として大津はPKで1点決めたが、今後カップ戦、リーグ戦で落とせない試合、勝利が必要な試合で起用されることは無いかな。マリノスのサッカーが日本で他にあまりないとかいう以前に戦術理解力が低すぎる。自分と相手DF、自分とパスの受け手、出し手、それで完結してしまっているというか1対1の個人競技をしているようにすら見える。この選手が前所属の柏や欧州でスーパーサブ以上では無かったのはこの辺りに原因がありそう。
 試合は長崎が左サイドを上手く崩して先制し、大津のPKで追い付かれるも後半早々に2点目を奪うという予想外の展開に。まぁそこからマリノスが4ゴールを奪うのだが、長崎はいいチームだった。個々の選手を比べれば過去2戦で戦ったガンバ、名古屋に及ばないが、チームとしての怖さはそれ以上にあった。しっかり中盤でパスコースを切ってボールを奪ってカウンターという意識が徹底されていたのは磐田戦を観るようだったし、監督の力を感じさせた。思えば高木氏はマツダサンフレッチェに在籍していたが、このチーム(特にJSLのマツダ時代も経験している人)には優れた指導者が多い。森保氏、風間氏、J2首位大分の片野坂氏、先日甲府の監督に就任した上野氏、後はU16代表の森山氏など。やはり元総監督今西さんの功績は偉大だったということか。

 1-2されてからマリノスは4点取るのだが、特に仲川の2点目(チーム3点目)が素晴らしかった。右サイドからドリブルで中に切り込んで左足でニアを突くシュート。このサッカーのサイドアタッカーに求められるプレーを体現したゴールだった。仲川の1点目もそこに詰めていたという点では良かったが、ドリブルでチャンスメイク&ゴール、サイドはこれが出来るかどうかと言っても過言では無い。
 結果5-2という事で、飯倉があまり上がらなかったという点を踏まえても徐々にバランスを見つけ出しているというのは感じられた。6月上旬にルヴァンのプレーオフ天皇杯はあるが、この中断期間中にまた序列の変化や選手の入れ替えはありそう。