ウルグアイ戦

箇条書き
・強豪相手に若い選手がどんどん仕掛けていく姿が南アW杯直後に似ているなと。あの時は本田、長友、岡崎24歳、内田が22歳、香川も21歳と若く、30越えてたのは遠藤くらいだったので、今日のメンバーはそれより少し平均年齢が高いと思うが、先月のコスタリカ戦同様、攻撃が若い選手中心なのでより若々しく見える。その辺のチーム構成(後ろはベテラン中心、攻撃は若い選手中心)のバランス感覚はさすが。

・8年前と共通しているのは若い選手が欧州でプレーすることによって当たり負けしない強さやかわす術を手に入れて、相手に潰されずに技術を発揮できる点。今日の2点目の堂安の粘りとか中島のプレーはそれが感じられた。

アジアカップに向けてCBは三浦が今日一発やらかしてしまったのがマイナス材料。吉田、槙野、冨安の3人は確定と思うが、残り1枠は昌子が負傷から本格復帰すればそこに入るだろう。

・大迫のポストプレーは芸術の域と言ったら大袈裟かもしれないが、相手の圧力を上手く吸収してボールを自分の懐に収める技術は誰にも真似出来ない。もう少しシュート精度が高ければ言うこと無しだが(苦笑)、それを補って余りある貢献度。

・今日の遠藤はまるで長谷部のような落ち着いたボール捌きだった。ウルグアイにプレスに来られても慌てずボールを回せていたし、元々リオ五輪の頃から長谷部の後継者と言われていたのが、紆余曲折経てついにそれに相応しい選手になったかな。

・CBやボランチ、2列目に若い選手が出てきた中で、SBもそうなって欲しい。既に30歳近い佐々木はともかく、室屋は全体的にプレーにこれといった武器が無いのが難点。今の長友、酒井と競争するのはハードルが高いが、守れるのを前提としてプラスアルファで何か武器を持つ(運動量、高さ、攻撃力など)選手はいないものか。マリノスの山中は左足という武器があるが守備で簡単にかわされ過ぎて、終盤になるほどプレー精度が落ちるのがなぁ。五輪世代を見渡すと高さのある立田(清水)、複数ポジション対応出来る杉岡(湘南)、橋岡(浦和)辺りが伸びてきて欲しいところ。先月の試合では守田(川崎)が右SBで出ていたが、アジアカップはもしかしたらこの選手が入るかもしれない。

ウルグアイは昔から気になるチーム。初めて本格的にW杯を見たアメリカ大会は南米予選で敗退したのだが、それが逆にどんな選手がいるのだろうという興味を掻き立てられた。本大会出場国は雑誌でよく取り上げられるものだし、当時の自分はそれを貪り読んで選手を覚えていったのだが、一通り各国の有名選手を覚えると今度は予選敗退した国にも興味が出てきた、という流れ。フランチェスコリ、フォンセカ、R・ソサ、ポジェ等々当時の主力はまだ覚えている。

・そのウルグアイはロシアの前くらいから徐々に若い選手が台頭してきて、特に中盤はこれまでのように運動力と激しさだけでなくベンタンクールみたいなテクニックもある選手も現れているのだが、スアレスカバーニ(共に31歳)の後継者がおらず、これから徐々に厳しくなる予感。伝統の守備も少ないチャンスをあの2人が決めてくれる信頼感あってこそだと思うし、前線にそうした選手がいなくなると、いい試合をしながら勝ち切れない、最後の1点が遠い、という試合が続いてしまうのではないかと思う。今日点を取ったG・ペレイロ(23歳)はPSVで3季連続二桁ゴールを決めていて、今季もリーグ8試合で5点決めているようなので今後化けるかもしれないが。

・来月はベネズエラと対戦した後、アジアカップトルクメニスタンと対戦するので最後はキルギスと、という流れはなかなか良い。おそらく今日のメンバーをベースにあと何人か試してアジアカップへという流れか。

ルヴァン杯準決勝第2戦 横浜M×鹿島(三ツ沢)


 今日は指定で観る予定だったのでいつもより遅めに家を出たら色々あって横浜駅に着いた時には開始まで10分という状況。久々にタクシーを使ったら岡野町や浅間下の交差点も混んでおらず信号のタイミングも良くて約5分と過去最高に早く着いた。開始3~4分頃にようやく座席に到着。

 序盤は鹿島が1点を取りに押し込んできたのだが飯倉の好セーブもあってゴールを許さず。そんな中でマリノスは主にカウンターでサイドを起点に攻める形になったのだが、前半15分過ぎに右サイドの仲川に長いパスが通り、仲川の突破から中央の天野のシュートは鹿島DFに当たるもこぼれにウーゴが反応して反転シュートを決めた。ただ鹿島としては勝ち抜けには最低2点が必要なのは変わらないのであまり焦る様子は無く、その後も同じ様な展開が続く。そんな中で前半30分過ぎに決まったマリノスの2点目は大きかったな。左サイド深く突破した天野がグラウンダーのクロス→最後はフリーの仲川が合わせるだけというゴールだったが、これで鹿島は3点が必要になった。鹿島の攻勢をいなしつつカウンターで効率良くゴールを重ねたので、これは意外と大差が付くかもしれないと思った。

 後半に鹿島はセルジーニョを入れて更に攻勢を強めてきたが、セットプレーからのヘッドはオフサイドでノーゴールだったりしてマリノスはゴールを許さず、最初の15分を凌げばまた流れはマリノスに傾くなと。まさにその15分過ぎにはここ最近のお約束である喜田投入で試合を締めに掛かったのだが、その直後に飯倉が目の前の味方へのゴールキックをミスして相手に渡してしまい、それを決められた。
 これで流れが変わってしまった。試合を締める為に喜田を入れたはずが、1点差となってこのまま逃げ切るのか、あるいはもう1点取りに行くのか意思を統一出来ず、たまにカウンターで鹿島陣内に入っても簡単にボールを失うなど鹿島のボール保持時間が多くなっていく。鹿島の攻撃はシンプルなものでボランチがボールキープして左右に展開→SBとサイドハーフが連携して突破→クロスというものだったが、分かっていても掴まえ切れず中央に何本もクロスを送り込まれた。そんな中で1失点目から10分経たない内に左サイドからのクロスをセルジーニョが頭で合わせて2-2。
 これは一気に鹿島の3点目もあるという流れだったが、中央のドゥシャン、チアゴがよく防いで最後の一線で踏ん張ることが出来た。試合中この2人は激しく味方を鼓舞したり、互いに何か言い合っているシーンが何度もあったが、この2人がいなかったら今日の結果は無かっただろう。鹿島としては右サイドの遠藤康のキック精度がいまいちで特にCKの精度を欠いたのが痛かったかな。このまま2-2で終わりマリノスが決勝進出。

 ここ最近出場停止以外はほぼ同じスタメンで戦っているが、戦術の浸透とメンバー固定による相乗効果で良い流れ。ただ今日の1失点目はミスからとは言えその後鹿島にあれだけ押されたのは懸念材料かな。受けに回った時の反発力の無さとでも言うか、日本人選手達の大人しさ(と外国人選手達の気迫)が露わになってしまった。また伊藤は負傷、久保、山田はU19代表で不在のため劣勢を覆す攻撃のタレントがベンチにいないという点も。今日途中出場したシノヅカ、ユンもゴール、アシストという本来期待される役割ではまだ結果を出していない。まぁ今季の公式戦は残すところもう6試合(リーグ5試合+ルヴァン決勝)なんで、このメンバーで戦い抜くしかないのだが。
 鹿島は2試合トータルで見れば第1戦の土居のPK失敗だったり終了間際のウーゴのゴール(とその前の曽ヶ端のファンブル)が響いた形。本来の鹿島ならあの流れなら3点目を取っていただろうが、三竿が代表、内田、中村が第1戦で負傷して鈴木も休養で不在という中ではあれが精一杯という気もする。やはり一番優先しているのはACLという事かな。今日の終盤に昌子を久々に出場させたのはそれを見据えてだろうし。

 この1週間の天気予報は一時雨だったり曇りだったりよく変わったが、今日は雲こそ多いが見事な秋晴れだった。決勝も今日のようだと良いのだが。

府中へ

 思えば東京の西、多摩エリアは味スタ以外あまり行く機会が無い。最近だと2年前のFC東京戦前に調布の深大寺に行ったくらいか。ということで今日は府中にある大國魂神社に行ってみることにした。
 南武線の府中本町から歩いて10分足らずの距離にあるのだが、この駅も10年くらい前に東京競馬場に行って以来だな。

 創建は1900年前になるらしい。府中はその名の通り武蔵国国府が置かれた場所でもあったので、中心地にある社として古来より存在感があったのだろう。参道の傍には府中の歴史を紹介する市の施設もあって、平安時代当時のこの辺りをCGで再現したコーナーもあった。

 参拝後、御朱印を貰いに社務所に寄ったのだが、待っている間ふと見ると中にFC東京のポスターが貼ってあった。

 近くには京王線も走っていて飛田給からも近いし、駅から歩いてくる途中でもチームのタペストリーが掲示されていたので当たり前と言えばそうだが、神社にサッカーチームのポスターというのもなかなか意外性があって面白かった。必勝祈願もここなのかと思ったが、2011年頃までは実際そうだったらしい(現在は明治神宮)。代々木のスタジアム構想然りでFC東京が23区内進出を渇望しているのは周知の事実だけど、今まで拠点にしてきたこの多摩エリアとの関係とどう折り合いを付けるのか、というのは長期的な課題になってくるだろうな。味スタのFC東京戦に行くと、近隣から自転車でやってくる人を多く見掛けるが、そういう人達をいかに23区に誘導するかも含めて。

 帰りも府中本町を使ったのだが、既に5時近くで東京競馬場帰りの客が流れていた。埼スタ帰りの浦和美園みたいなのを想像したが、意外と混まずに帰れた。まぁこの駅だけでも南武線武蔵野線と2路線あり、前述の通り京王線も走っているので上手く分散してるんだろうな。

神奈川県1部第18節 品川CC横浜×YSCCセカンド(かもめパーク)


 今日は友人達のチームの試合を観にかもめパークまで。最寄は相鉄線いずみ野駅だが今日は敢えて1つ先のいずみ中央駅から歩いて向かった。この辺りは昔祖父母が住んでいたのもあってよく来ていた場所。今でこそ宅地開発や幹線道路の整備が進んでいるが、未だ緑が多く残り、戦前から続いていると思われる旧家や養鶏場もある。自分が小学生の頃は近所で牛も飼われていた。昔は横浜も少し内陸に行けばこの様な風景が広がっていたんだろうけど、その名残を今に残す希少な場所と言えるかな。ついでに言うと相鉄に乗ったのも久々だが、緑園都市駅なんて今は一戸建てやマンションで埋め尽くされているが、子供の頃は電車から見えるのは区画整理された土地だけで何も無い場所だったな。港北NTもそうだが時々あまりの変わりように少し感慨深くなる時がある。20分程歩いて試合会場へ。
 
 10チームのH&Aで争うリーグ戦は今日が最終節。友人達のチームは前節終了時点で同勝点で2位、しかし得失差で約10の差を付けられていたのだが、先に最終節を戦った首位チームが敗れた為、引き分け以上で優勝となる展開だった。そんな中で試合が始まったのだが、開始早々にいきなりPKを与えてしまい、GKはよく反応したのだが止めきれず先制を許してしまった。
 これも優勝の重圧なのかと思ったりもしたのだが、そこから10分も経たない内に逆転という。圧倒的に攻め込むという訳でも無いのだが、ボールを前に運んで相手陣内深いエリアに侵入したら高い確率で決定機を作り出していた。それはやはり個々の力が相手を少し上回っていたという面と、チームとして攻める時、引く時の判断が的確だったという面があるかな。今日の相手は以前も観たことがあるなと思って記録を辿ってみたのだが、実は過去2試合(2011年7月2012年8月)観ており、いずれも友人チームは敗れていた。(自分が観た中で)最後の対戦からもう6年以上経っているが、今日の両チームの差(この対戦相手は最終的に今季リーグ戦10位)を見るに、やはり友人チームは一歩一歩確実に歩みを進めるチームだなと。
 後半半ばには追加点を加えて3-1とし、終了間際に1点返されたが3-2で勝利、そして優勝を決めた。来月からは関東リーグ昇格に繋がる大会が始まるとの事で、1ランク上の厳しい試合が続くと思うが少しでも高みに達して欲しいと思う。

 試合後に選手や応援に来た人々で記念撮影をした後、帰りはいずみ野駅まで歩いたのだが、google mapを見ながら最短距離で行こうとしたルートは街灯も少なく、ふと横を見ると墓地だったりして結構不気味だった。そんな道も最後の森を抜けると普通の住宅地が広がっていて、これもこの辺りならではだよなぁと思いつつ相鉄に乗って帰宅。

J1第29節 横浜M×札幌(日産)


 3月の柏戦以来の金曜開催。試合前に色々買い物があったので品川から新幹線で向かったのだが、金曜夜の新幹線は久々で混むのを忘れていた。通路まで人が溢れる中で新横浜着。今日は夕方一時雨という予報だったが、到着後に結構な量が降り出した。まぁ日産スタジアムは屋根があるので心配ないが、仙台戦に続く悪天候。先日今季の観客動員でツいて無い面を挙げたが、天候もそれに加えたい。

 今日の札幌は都倉、福森ら主力が出場停止なのでいつものようなサッカーは出来ないかなと思っていたのだが、前半10分過ぎ迄のマリノスの攻勢を凌ぐといつも通りのミシャサッカーを見せ始めた。ボールを繋ぎつつ時にはサイドを大きく展開するロングパスを交える、広島や浦和で見せてきたサッカー。何度かマリノスゴール前に近付き、オフサイドで2度ゴールを取り消された後でジェイが右サイド斜め45度から低めの強烈なシュート決めて札幌が先制した。
 札幌の中で特に印象深いのはチャナティップだな。生で観るのは初めてだが、観ていて楽しい選手とでも言うか、重心が低く切れ味のあるドリブルでマリノスはなかなかこの選手を捕まえられなかった。今季は6点決めているが、もっと取れる力はあると思う。この選手の活躍で他のタイ人選手がJリーグでプレーするようになったのを鑑みるに、セリエAにおける中田英寿ブンデスリーガにおける香川真司のような位置付けと言えるかな。その他ではリオ五輪世代の荒野がいつの間にか中盤でボールを捌く選手になっていたのには驚いた。確か以前は前線のサイドアタッカーだったと思うが、あまり得点力は無かったのでポジションを後ろに下げたのかな。札幌で言うと今日出場停止だった宮沢も最初FWだったのが中盤になって才能が開花したのでそれも影響したのかもしれない。
 ここ最近のマリノスは先制すれば勝ちきり、逆に先制されればそのまま負けるという去年までと同じ様な展開が続いていたので先制された後どうなるかと思ったが、前半半ばに同点、前半終盤には逆転出来たのは大きかった。同点ゴールは仲川がゴール前でパスを受けた後切り返して近くの相手の逆を突き、シュートしたものだが、こういうシーンを見るに今は相手の動きがよく見えているのだろうと思う。これでリーグ8点目。このサッカーのサイドアタッカーとしてはやはりこれくらいの得点力が欲しい。

 後半もマリノスが押し気味に進め、時折札幌がチャナティップや左サイドの菅のドリブルで打開するもゴールは生まれず。マリノスは途中から喜田、中町を入れて試合を締めにかかった。前節も最初に投入されたのは喜田だったし、これまでと違ってここ最近のポステコグルーは手堅く勝点を稼ぐ事に徹している。今季ここまで観ていて選手や布陣を試合中に変えて劣勢を覆す、といったタイプでは無いと思うが、そこはさすがW杯予選のプレーオフを勝ち抜いて本大会出場させただけはある。

 ハーフタイムには観戦仲間にプレゼントを贈呈し、帰りの混雑を考えてアディショナルタイム突入と同時にスタジアムを出て帰宅。そうそう今日は照明がピッチだけ無くスタンドにも当てられてかなり明るかった。

これまでスタンドは暗かったので慣れなかったが(笑)、今後はこれがスタンダードになるのだろう。

J1第28節 横浜M×仙台(三ツ沢)


 観戦していれば屋根の無いスタジアムで雨に降られる事は年に一度くらいあるものと覚悟しているが、試合中これだけまとまった雨が降り続くのは久々だな。記憶、記録を辿ると、去年夏に行った岐阜の長良川は試合前にゲリラ豪雨を食らったものの試合中は止んでいたし、同じく去年4月の日立台も本降りでは無くポンチョを着るほどでも無かった。これだけ降られたのは6年前のJ1昇格プレーオフ以来ではないかと思う。

 仙台に対してはアウェイで圧倒的に勝率が良い一方でホームで勝てない事が多いのだが、今日は開始から上手くボールを前に運べて、自らのプラン通りの展開に持ち込めていた。何度か惜しいチャンスがありつつも0-0で、この良い流れのうちに先制点が欲しいなと思っていた前半半ばに山中のミドルで先制。確かに山中らしい威力のあるシュートだったが、エリア外からのミドルでニアを抜かれたGKのプレーも問題あり、という様なゴールだった。
 その直後に仙台が同点に追い付いたものの(仙台はこれが初のチャンスだった)、前半の終盤に仲川が中央からドリブルで持ち込み、CBを抜いてGKとの1対1も冷静に決めて勝ち越し。このゴールがまさにそうなのだが、今日のマリノスは雨というコンディションに上手く対応したサッカーが出来ていて、いつものように繋ぐだけで無く、時にはこうしてドリブルで持ち込むのが良いアクセントになっていた。逆に仙台は少しボールを繋ぐ事に拘りすぎていた面はあったな。綺麗に展開するシーンもあったが、やはり雨で滑りやすいのでパスやトラップが少しずれて相手に奪われるというシーンも多々あった。石原の最前線でのボールの受け方や捌き方などはさすがだったが。

 後半もマリノスが押し気味に進めて左クロスをファーに詰めた仲川が頭で合わせて3-1。その後仙台GKのキックに詰めたウーゴがボールを奪い、ゴールに流し込んで4-1。ハイライトで見たらキックをブロックした時にハンドだったが、先制点に続き、仙台GKシュミット・ダニエルは不安定なプレーだった。先日代表にも選ばれていたので少し注目して見ていたのだが、体格はあれど基本動作で東口、中村らに見劣りがする。ミスが目立ってしまうポジションとは言え、そのミスが勝敗に直結するポジションでもあるので、今日のプレーからは代表クラスには思えなかった(まぁそれで代表入りしてしまうのが今の日本のGKの水準とも言えるかもしれないが)。終盤には更にウーゴがもう1点決めて5-1と。4-1となった後でポステコグルーは久保を投入したのだが、この選手の今の立場は2-1、3-1のような1点失ったらどうなるか分からない場面では起用出来ないという事なんだろうか。出場機会を求めての移籍だったが、これからU19アジアユースや契約上出場出来ないFC東京戦もあったりでマリノスで出られる試合はそう多くない。それはともかく終了間際に仙台にPKが与えられて5-2となったところで試合終了。

 残留争いしている中で連勝で一気に勝点6を積み上げ、得失点差も稼げたのは大きい。マリノスはこれまで得失点差の少なさが上位を狙う上でのネックになっていたが(上位は得失差が大きいので同勝点の場合不利になる)、下位は得失点差のマイナスが大きいため、逆に身を助ける形になっている。まぁその中身は去年までの「得点、失点共に少ない」状況から「得点、失点共に多い」状況に変わっているのだが。先ほど述べたように今日はピッチコンディションに上手く対応したサッカーが出来たのが勝因と思うが、残り6試合で懸念は主力の欠場かな。伊藤の負傷(最終節に間に合うかどうか)、ドゥシャンの出場停止(次節まで)以外にも警告3枚でリーチの選手が3人いる。ウーゴ、天野、大津。特にウーゴまで欠場となるとFWは町野しかいなくなるが(実際そうなったら仲川、大津辺りを置くのだとは思うが)、この3人で一番警告を貰いそうなのもこの選手という(苦笑)

 例によって試合終了後に雨脚が収まったものの、90分雨に打たれて消耗したので帰りはタクシー呼ぶかという話にもなったのだが、結局いつものように歩いて三ツ沢の丘を下り、横浜駅へ。

 

J2第34節 町田×徳島(町田市立)


 今日はヤマハジュビロ×マリノス戦に行くつもりで、試合前に浜松を観光して鰻かさわやかのハンバーグを食べて磐田に行こうとか色々プランを練っていたのだが、肝心のチケットが速攻で完売してしまい断念。ならば等々力の川崎×名古屋にでも行こうかなと思ったらこの試合も完売と。こういう事態は今まであまり無かった。ヤマハは約15,000、等々力は約24,000の収容だが、カードによっては完売するくらい人気は上がってるということなんだろうな。
 という訳で今日は町田に行く事にした。ゼルビアは現在J2で2位(首位松本とは勝点1差だが消化試合が1試合少ない)だがスタジアムの問題でJ1ライセンスが無い故に今季は昇格出来ない。ゼルビアが2位以内に入った場合J1からの降格枠は1つ減るので、J1で残留争いをしているマリノスや長崎、柏、ガンバなどといったチームにはゼルビアの成績も気になるところ。

 試合は16時開始で鶴川駅に着いたのは15時過ぎ。スタジアム直行バスに乗ったのだがバスの並びで前後にいたのがどちらも外国人だったのは意外だった。後ろの人はゼルビアユニを着ていたし、野津田に結構通っている人なのかもしれない。ここ数年日産でもマリノスユニを着た外国人を結構見掛けるし、日本在住の外国人が住んでいる街のチームのサポになるという事例が徐々に増えているとか?
 てなことを考えつつ野津田に着いたのだが、遅い昼食としてYASSカレーの角煮カレーをば。

 前々から食べてみたかったこのカレーにようやくありつけた。個人的にカレーのルーは水気の少ないのが好みなのだが、その点でも理想的だった。
 スタンドに入る頃には選手入場直前という状況だったが、中に入ると真新しい映像装置が。

以前は今時珍しい位の旧式の電光掲示板だったが、これでリプレーも流せるようになる訳だな。

 試合は序盤から町田がやや押し気味の展開だった。繋ぐよりも中盤や最終ラインから左右にロングボールを蹴って前線の中島や鈴木を走らせ、サイドの高い位置を起点にゴールを目指すサッカー。あまり見栄えはしないが手堅いサッカーではある。監督の相馬氏は以前はもう少し繋ぐサッカーだったので少し意外だったが、現役時代に鹿島でプレーしたり監督経験のある人特有のリアリズムというか勝負への拘りも感じられた。前半終了間際に中村の見事なミドルが決まって1-0町田リードで前半終了。
 後半は徐々に徳島が押し返し、ミスで上手くいかない場面も多かったが、敵陣サイド奥深くで2~3人が連動して崩す動きとかは見応えがあった。後半半ばにバラルの落としにウタカが抜け出して同点。町田も8月のJ2月間MVPに選ばれた平戸の右足のセットプレーから惜しいチャンスを作り出したが決めきれず、試合は1-1で終了した。

 試合前に注目していたのは上で述べた平戸だった。東京五輪世代でもあり、最近の日本にいないフリーキッカーとしても面白い存在だなと。やはりセットプレーでは存在感があったが、試合中は(町田のロングボール中心のサッカー故か)それほど目立たず。ポジションは2列目の右サイドだったが、五輪代表だと2シャドーかボランチのどちらかとなってハマるポジションが無いので少々厳しいかな。この選手といいこの10年で鹿島ユースは定期的に良い選手を輩出するようになった。
 徳島でチェックしていたのは監督のロドリゲス。燻っていた若い選手の才能を開花させて、その選手がJ1に引き抜かれてもそこで得た資金を元に新しい選手を獲って結果を残すというのはなかなか出来る事では無い。この人自身も近い将来J1に引き抜かれるだろうなと思ったが、その有力候補だと密かに思っていた神戸が違う人と契約したので、次の職場がどこになるかは分からない。ただJ1でも成績の良いチームが敢えて監督を代えることはないだろうから、あるとすれば今季成績不振のところだろうな。あくまで残留すればだが、ガンバ、レイソルなど有り得るように思うが。ちなみに結構熱い人のようで試合中もコーチングエリアでなかなかアクションが激しかった。

 試合後は鶴川行のシャトルバスに乗り、帰路へ。このスタジアムも何だかんだ毎年来ていて今日で5回目。