高校選手権1回戦(等々力)

barcaw2007-12-31
藤枝東×香川西
 ロングボールを主体に両サイドを走らせる香川西に対して、さすが藤枝は縦ポンサッカーに付き合う事は無く丁寧にボールを繋ぎ、静岡のプライドを見せてた。だが、一昨年の常葉橘を見ても感じたんだが、繋ぐだけじゃ相手守備は崩せないし、今日は崩す為の“あと一歩”が無かった。押されて攻める回数は少なかったが、香川のカウンターの方がまだ得点の匂いがしたし、最後まで激しい寄せで藤枝の攻撃の芽を摘んでいた運動量と闘志に共感を覚えた。


室蘭大谷×境
 第2試合が始まる頃になるとさすがに寒さが堪えてきたんだが、目の前の試合はまさに蹴り合いの応酬で、体がさらに何度か冷え込んだ気がした。前半唯一の見せ場(と言えるもの)は室蘭のPKを境GKが止め、こぼれのシュートもセーブという場面のみ。あまりに寒い内容に、一緒に見てた友達の一人は前半終了時にスタジアムを脱出した。後半はいくらかマシになって多少決定機も出来たが、結局スコアレスでPK突入。選手権は何度も観てきたけど2試合ともPKなんてのは初めてだわ。ここまで来たら意地でも最後まで試合を見届けたいとは思っていたが、同時にPKサドンデス突入は勘弁という思いも。結果、4PK2で室蘭が次の試合へ。境のほうがいくらかまだ“サッカー”をしようとしてた感があっただけに少し残念ではあった。


 毎年の事だから慣れてたつもりだったが、今日の寒さには参った。等々力であれだから高台&屋根無しの三ツ沢はさらに凍える予感。年明け以降は決勝以外再検討の余地有りだな・・・。今日の帰りに小杉の吉牛で『解凍』した時程幸せな瞬間は無かった。